SNSを利用すると共通の話題や趣味を持った人と接点を持ちやすくなります。 しかし、その人となりを完全に把握することは難しく、友達の友達などの場合はある程度把握することもできますが、赤の他人となるとそうはいきません。 SNSでの出会いにはどんなものがあるのか、このサイトを利用して確認してみましょう。

インスタグラムで居場所を特定される!?

インスタグラムで自分の現在の居場所を特定される事はあるのでしょうか、やり方によっては特定されることもあるので気を付けてください。
例えば飲食店の料理やイベントの風景など外出先で写真を撮影しすぐにインスタグラムに投稿する方もいますがこれは確実に特定されてしまいます。
どこで撮影したのかコメントに記載していない方もいますが料理の画像や風景からでも十分に場所を特定することができます。
最近では簡単にネットで情報を見つけられる時代ですので料理を画像検索しただけでどこのお店なのかが分かるからです。

自宅で撮影した写真であればインスタグラムに投稿しても居場所を特定されないはずと思うかもしれませんが、窓から見える景色などでも簡単に特定できるので気を付けてください。
マンションなどの集合住宅でも何階の何号室なのかも特定されてしまいます。
ストーカーに情報を与える原因になるので、どうしても自宅での写真を撮影したい場合は窓からの景色が見えないように撮影することをお勧めします。
またアカウントには自分のプロフィールについてあまり詳しいことは書かない方がいいでしょう、こちらも相手に情報を与えることになり危険です。

また外出先からは投稿しないように注意してください、投稿したい場合は帰宅してからやもうその場にいなくなってから投稿したほうが安全です。
過去にいた場所を投稿する分には特定されるリスクは少なくなります。
ただし今後も行く場所でしたら投稿しない方がいいでしょう。

もしも居場所を特定されるような情報を投稿してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。
すぐに該当するものを削除してください。
すでに保存されている場合はどうにもできませんが早く削除すれば情報の拡散も少なくて済みます。
ストーカーなどで危ないと感じた場合はアカウントを退会するのもいいでしょう。
再びインスタグラムをしたい場合は新たにアカウントを開設してください。
その場合は自宅を特定されないように気を付けて使うようにしましょう。

インスタグラムでは全世界の人に見られているという意識を持つことが大事です。
些細な事から居場所や自分のことがばれることもあるので投稿する前に写真を隅々までチェックをすればいいでしょう。
少し工夫をするだけで安全に楽しく他の人と交流ができます。
若い世代でインスタグラムは大人気ですがネットに潜む危険性について親御さんが説明をした上で使わせるようにしてください。